仙台のクリニックで埋没法の施術を受け二重を取り戻しました

私は生まれたころからきれいな二重の目をしていました

私は生まれたころからきれいな二重の目をしていました。
父親が男性ながらもきれいな目をしていて、母親もそれなりに大きい目をしていたため、目に関しては非常に恵まれていました。
小さなころから目がかわいいと言われたり、学生時代にも友人にうらやましがられたりすることもありました。
また高校生になってからはメイクをするようにもなり、とてもアイメイクが楽しかったのを覚えています。
アイシャドーを塗ったりアイラインを引いたりとほかの友人たちよりも上手にできるため、教えてあげることも多くありました。
そこで私は高校を卒業してから化粧品メーカーに就職しました。
デパートに勤務して多くの女性にメイクを施し、個人個人に合ったメイクアイテムを紹介し、多くの女性たちから感謝され、私にとって天職だったと思います。
化粧品メーカーでは10年ほど働き、その後結婚するために退職しました。
退職してからはすぐに赤ちゃんを授かり、二人の子供を育てながら、2年前に二人とも結婚してこの家を巣立って行きました。
それからは自分の好きな習い事を始めたり、自宅でゆっくりしたいとそれなりに楽しい時間を過ごしています。
しかし私が気になっていたのは老化現象でした。

よだ形成外科クリニック院長依田です。
一重の方がツルキリ変法の埋没法二重の手術を受けられた3ヶ月後です。

ラインがきれいにでるツルキリ変法はおすすめです。
#よだ形成外科クリニック  #仙台二重  #二重仙台  #埋没法二重  #二重整形  #プチ整形  #美容外科 #仙台  #二重まぶた pic.twitter.com/ENxrrcxGXW

— よだ形成外科 依田院長 (@yodaclinic) 2018年8月28日

私は生まれたころからきれいな二重の目をしていました | きれいな二重が目のたるみによって失われ始めた | 埋没法の施術を受けることを決めました

埋没法 仙台目の下のたるみ取り(ハムラ法)| 美容整形は東京美容外科